女医

緑内障は早期発見が大切|人間の主体でもある目を守ろう

視野が狭く感じる

看護師

40歳以上の20人に1人

緑内障は日本人の失明原因の上位として挙げられている眼病で、性別にかかわらず40歳以上の20人に1人が発症する危険性があります。目で見える範囲(視野)が部分的に見えない、視野を狭く感じるなどの症状が起こります。主に片方の目だけ緑内障を発症するケースが多く、見えない部分をもう片方の目でカバーするため気づかずに病気が進行していきます。軽症の場合は、両目で見ているので日常生活に支障なく過ごすことができます。しかし、症状が進行した場合は、カップにお茶を注ごうとしているのに別の場所に注いでしまったり、物をつかもうとしても見ている場所と手の位置がずれて上手くつかめないといったことが起こります。緑内障は視神経が傷ついたために機能しなくなることで発症する病気で、眼圧が原因として考えられています。

急性と慢性の違い

緑内障には、慢性と急性の2つがあります。慢性の場合は痛みもなく数年かけてゆっくりと進行していきます。このため見えにくいと気づいた時には、症状がかなり進行しています。急性の場合は激しい頭痛や目の痛み、吐き気などがあり視野が見えにくいと自覚できます。このような症状を感じたら早急に病院で診察を受けて下さい。治療が遅れると失明や視力低下の危険性が高くなります。視神経は神経線維が1本1本束のようになっており、1度傷つくと元に戻ることはありません。治療が遅れるということは視神経が次々と傷んでいくことと捉え早急に治療を開始しましょう。慢性緑内障は定期健診で発見されることが多い病気ですから、脳や体の健康診断を受けるついでに緑内障を発症していないか調べてもらうようにすると良いでしょう。

眼球の硝子体が濁ると

目元

白内障手術が原因で飛蚊症が起きたと勘違いする人がいます。これは視力がはっきりしたせいで飛蚊症が自覚できるようになったのです。飛蚊症は老化現象の一つで慣れるしかありせん。しかし網膜裂肛や網膜剥離、生活習慣病、外傷などが原因で起きる場合もあります。

More...

かかりつけ眼科を持って

女性

緑内障は眼圧が高くなることで起きる病気ですが、実は正常眼圧でも発症します。眼圧検査だけでは病気を見逃してしまうこともあります。40歳以降は年に1度は眼科で緑内障の検査をすることをおすすめします。大阪には緑内障の名医と言われる医師も多く、手術が必要な場合には症例数などを参考にしてみてください。

More...

健康的な視力のためには

看護師

黄斑変性症とは網膜の中心辺りにある黄斑の状態が加齢などが原因で変化してしまう病気のことを言います。大阪府内には全国的に見ても眼科がたくさんあるため、眼科専門医のいる病院を事前に調べてから病院に行くとスムーズかつ確実に黄斑変性症の治療を進めていけるはずです。

More...